バレンタインプレゼントで彼氏にチョコ以外のものを渡すなら おすすめランキング

チョコ以外のバレンタインプレゼント

カップルには欠かせないイベントであるバレンタイン。

バレンタインデーにはチョコレート!
と相場は決まっているものの。

甘いものが嫌いとか、チョコレートが苦手な男子もいますよね。
あるいは、いつもバレンタインに贈るのがチョコだから、今回はもっと印象に残るようなチョコレート以外のものを渡したいな、とか。

そこで、男性がバレンタインデーにもらって嬉しいチョコレート以外のプレゼントとは何か?調査しました。

スポンサーリンク

バレンタインのプレゼントで彼氏にチョコ以外のものを渡すなら何がいい?

女の子が「コレが良さそう!」と思ってプレゼントした場合、男性にとっては嬉しくなかった、ということが起こります。

それは何故かと言うと、男性と女性では感性が違うから。

では、バレンタインプレゼントとして、チョコレート以外で貰うならどんなものがいい?
男性へのアンケートを取った結果は――

 

お菓子(スイーツ)

バレンタインデーのプレゼントとして、真っ先に思いつくのがお菓子やスイーツです。

チョコレートから1つずらして考えれば、やっぱりそうなりますよね。

バレンタインデーにはチョコレートというのが常識になっているので。
チョコ嫌いな彼氏には、ほかのお菓子をあげるのもいいと思います。

 

マカロンやクッキー、マシュマロ。
クレープやワッフル、ケーキなどの洋菓子、大福にどら焼きなどの和菓子。

この辺は恋人の好みに合わせて選んでみてください。

甘いものが嫌いな男性には、おせんべいやおかき、ミックスナッツとか。
選択肢は色々とありますよね。

この辺は、結構センスが出ます。

 

食事やデート

何かモノを贈るよりも、二人で楽しめる時間の方が嬉しい、と考える男性は多いようです。

なので。
いつもあなたではなく、彼氏がデートプランを立てているなら。

今回は、あなたが美味しいお店を予約したり、彼が行きたいと言ってた場所へのデートプランを立ててあげるというのはいかがでしょうか?
特に、お洒落なレストランなど素敵なお店は、男性以上に女性のほうが詳しいことが多いですしね。

男性は、本当に欲しいものは自分で買う、って人が多いので。
物ではなく思い出をプレゼントした方が、喜ばれる可能性は高いように思います。

 

アクセサリーなどの小物類

日常生活で手軽に使える小物など、実用的なものも贈られて嬉しいプレゼントになります。

男子学生の場合は、ペンダントやブレスレットなどのファッション小物。
社会人男性の場合は、ネクタイやネクタイピン、万年筆など。

普段から身につけておけるモノというのが、重要なポイントになります。

また、時計なども選択肢に入ってきますね。
こういったアイテムは、気分で毎日替えることができますから。

いくら持っていても困らないので、相手の負担になることもありません。

 

手紙・メッセージカード

気持ちという意味では、手紙やメッセージカードもあり。
ただ、単体ではなくチョコレートやお菓子に添付するもの、と考えたほうがいいですね。

「いつもありがとう」など日頃の感謝を綴ったり。
普段は照れくさくて口にできない好きな気持を書いて、渡してあげるのもいいでしょう。

ラブレターもいいですが、それは書くのも大変なので、「大好き」など一言だけ書いておくのでもOKだと思います。

気持ちがこもった手書きのメッセージは、喜ばれますよ。

スポンサーリンク

バレンタインで彼氏に「プレゼントはいらないよ」と言われた時に取るべき対応は?

世の中には、感性が違う人もいます。
特に、イベント系が苦手で、バレンタインデーはもちろんのこと。

クリスマスや誕生日にもプレゼントはいらない、欲しくない、って人も実際にいます。

遠慮してるだけなら、強引に渡してしまうのもありですが。
本心から言っているような人もいるので、注意が必要です。

と言っても、普通に珍しいタイプなので、彼氏から言われない限りは気にする必要はないと思いますけどね。

 

でももし、バレンタインデーの前に、そういうイベントが苦手だ、とかプレゼントは欲しくないと言われていた場合。

そういうイベントのときに何かプレゼントするのは素直に諦めた方がいいでしょう。

その代わり、デート回数を増やすとか。
彼の好みにあわせたりと工夫してみるのが良さそうです。

一応、そんな人もいるよ、ってだけの豆知識です。
必要なければサラッと読み流しておいてください。

 

バレンタインでのチョコ以外のおすすめランキング【食べ物・お菓子編】

チョコ以外のプレゼントとしては、上記で挙げたものがメジャーであり、お勧めになります。

ただ、既に恋人同士である場合を想定しているので。

片思い中の場合は、お菓子などの消え物にしておくのが無難です。
相手の負担にならないことが大前提にありますからね。

あるいは、チョコレート以外のお菓子を送りたいけれど、どんなお菓子が喜ばれるだろう? とネットで色々調べている。

でも、候補がありすぎて決まらない…
という場合に、チョコ以外で人気のお菓子(スイーツ)をランキング形式でまとめました。

ぜひ参考にしてください。

 

1位.クッキー

チョコレート以外のお菓子なら、洋菓子がおすすめ。
特にクッキーなどの焼き菓子であれば、手作りするのも簡単です。

生地にコーヒーや紅茶を加えたりと、いくらでもアレンジできますしね。

なお、レシピはこちらを参考にしてください。

みんなの推薦レシピ クッキー3,000品以上(クックパッドのクッキーレシピ6万点以上の中から厳選!)

 

2位.カップケーキ

マフィンやマドレーヌなどのカップケーキも人気のあるお菓子のひとつ。
これも手軽に作ることができるのが特徴です。

好きな女の子からの手作りプレゼントって、男は喜ぶものですから、挑戦してみては?

材料をしっかり量ってレシピ通りに作れば、経験があまりなくても美味しく作れますよ。

 

3位.お煎餅

甘いもの全般が苦手な場合は、お菓子を作るのは手作りするのは諦めて、おせんべいのセットを贈るのが無難です。

甘くないお菓子…塩味のものは好き、という男性は多いですからね。
楽天市場やAmazon、ヤフーショッピングなどで探してもいいし。

ちなみに、今までで一番美味しく感じたおせんべいはコレです↓

もち吉の選りすぐりのお煎餅詰め合わせセット。
クチコミもぜひチェックしてみてください。

 

そのほか、

  • センスの良さが光るマカロン
  • 作っても良し買っても良しなアップルパイ
  • 甘いものが苦手な男性に喜ばれるお酒

などなど。

候補は色々とあるので、こちらを参考にして選んでみてください。

 

バレンタインデーに好きな人に手作りのプレゼントを渡すのはあり?なし?

バレンタインデーに何を贈るか?

なかなか決められないなら、無難にお菓子をプレゼントするとか。
特に男性に人気のあるものを贈るというのもありだけれど。

手作りのものをあげた方が喜んでくれる可能性は高いです。

もちろん、個人の価値観で変わるので、事前に手作りのものをプレゼントされたら嬉しいかどうか、聞いておくのが良いとは思いますけどね。

喜んでもらえるのであれば、こういったもの↓ をプレゼントするのも十分アリです。

 

あったか小物

手編みのセーターやマフラーなど、手作りの物はやっぱり嬉しいもの。
何と言っても、愛情や気持ちを感じることができますからね。

バレンタインは冬の寒さが厳しい時期なので、防寒アイテムをプレゼントしてもらえるのはありがたいです。
手作りでなくても、手袋やカーディガンなどのファッションアイテムでも良さそう。

 

なお、手作りのものをプレゼントする場合は、ラッピングにもこだわってみてください。

と言っても、道具は100均ですべて揃いますし。
ラッピング方法はYoutube動画などで簡単にチェックできます。

手作りを渡したほうが、気持ちはしっかり伝わると思いますよ。

 

もし、さらにプラスするなら。

上記でも触れた手紙・メッセージカードを添えるのがおすすめ。
一言メッセージでも、あれば嬉しく感じるものです。

特にそれが、手作りプレゼントと一緒なら、喜びも倍増!

今年のバレンタインデーに、ぜひ贈ってあげて下さい。

 

バレンタインデーのプレゼントまとめ

今回は、バレンタインデーに喜んで貰えるプレゼントについてまとめました。

喜んでもらえるなら、チョコレートにこだわる必要はない、ってことですね。
チョコ以外の物でも、特別な日にプレゼントを貰えるということ自体が嬉しいものです。

彼氏の好みがわかっていれば、喜んでもらえるものをあげるのは、そう難しいことではないと思います。

気をつけるべき点は、チョコレートが好きかどうか。
甘いもの全般が苦手でないかどうか、ってことだけです。

それがわかれば、後はあなたのセンスで、贈り物を決めてもいいと思います。
男性がもらって嬉しいプレゼントを渡して、バレンタインデーに彼と距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

 

バレンタインデーといえば、義理チョコに友チョコ、自分チョコです。
それらも必要な方は、こちらを参考にして下さい↓

バレンタインに義理チョコをあげるあげない?会社で配る時の予算相場と渡し方は?
バレンタイン友チョコのおすすめは?友達と差をつけるメッセージカードも
バレンタインのチョコレートを自分用に!ご褒美高級チョコをお取り寄せ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る